栄町デリヘルで成功と失敗の思い出

栄町デリヘルに定期的に通う常連さんからすると多数の成功例と失敗例がかなりあるみたいです。

*

栄町デリヘルで二度と逢いたくない風俗嬢

      2017/02/02

栄町デリヘルで二度と逢いたくない風俗嬢栄町デリヘルで失敗したという人のほとんどはルックスやスタイルで満足できなかったというタイプが多いと思い勝ちですが、実際問題として接客の会話やプレイでもお客が不満を漏らす女の子はかなりいるのです。

デリヘルにいるハズレ風俗嬢

栄町デリヘルを利用する男性は一部を除いた全員が下心があって当たり前で風俗を利用しているといって良いでしょう。

それだけにデリヘルで頼んだ女の子からプレイに規制をかけられてしまうと当然不満がでてきます。

デリヘルにいるハズレ風俗嬢

デリヘルで本気で返金して欲しい時ありますよね

例えば、いざこれからベッドでのプレイとなった際に『さっきのお客様が指いれが強くて痛いの。』とか言われて、ゆっくりと局部に指をちょっと入れた段階で『痛い』と言われたら萎えますよね。

『何しに来たんですか?』と問いただしたくなる気持ちになります。

乳首を軽く口に含んだ瞬間に『痛いの~』と言われ、特に問題のない範囲のプレイに端から言い出す女の子って少なからずいるだけに、そういう女の子を案内されるとお金と時間の無駄を痛感して二度と利用しないという気持ちになるお客様は多数います。

しかしお店にクレームの電話を入れるお客様は少数派で、女の子もそういうクレームがあったと言われるとかなり力強いプレイを強いられたとその場限りの嘘を言い出す始末です。

栄町デリヘルのスタッフが二人の密室空間を見ている訳ではないので、どちらが真実かは当然わかりません。

結果として女の子の意見を尊重するしか手がないのです。

ただ、そういう女の子は多数のお客に同じ様な事をする為にクレームは定期的にくるので、その段階で初めてお店側は女の子に問題があると知るのです。

但し運営状況によりすぐに退店とはなりません。フリーを回さないなどある意味で仕事を干す感じで自然消滅するまではほっておくみたいなイメージですね。

容姿があからさまに悪い場合は即退店や厳重注意もありますが、面倒なのは女の子を辞めさせる際には、その問題の女の子が同じ店の他の女の子に店の悪口を言いまくるとか。

次のお店で『あの店は最悪』とか悪い意味での宣伝カーになってしまうのもかなり困り者と栄町デリヘルもそういう意味では被害者かもしれませんねw

『妄想と現実』という言葉を聞けば誰でも誤差があると気がつくでしょう。

つまり写真を見てきっとこのデリヘル嬢は可愛いと思って予約したけど失敗したというのは『予想』の範疇であり、極端な写真詐欺や別の女の子を振り替えした店ではない限りは、写真の顔にあるモザイクがある為に想定外だったとマジックの範疇で予想ならば、また別の女の子にチャレンジしてみようという気持ちにも当然なってきますが、電話案内で『こんなイメージの子ですよ』と言われたら、お客はその言葉の意味から『妄想』に転じます。

そして現実に案内された女の子とのイメージのギャップが大きすぎると『騙された』と感じる訳ですね。

栄町デリヘルで受付担当のスタッフもある意味で売上を伸ばす為の仕事であり給与はお店から出ている立場となるだけに、スタッフの言葉は話半分以下で必要以上の期待はするだけ無駄という事です。

納得の女の子に出逢うならば自分の目線で女の子を選びましょう、そして失敗したならば後に写真や紹介文などをみて誤差の範疇なのか確実に売上目的だけでありえない紹介文を書く店なのかを判断してみるのがベストですね。

写真で誤差範疇ならば良い店です、お店も女の子の個人特定をされない為の努力は必要なのは理解すべきですね。

あからさまに写真と違うと思えば別の店を次回からは利用しましょう。

デリヘルは無店舗型という形式なだけに失敗を重ねて良いお店を見つけてからが楽しめるくらいの器量も必要かもしれませんね。

 - 栄町デリヘルの失敗例

  関連記事

栄町デリヘルでフリーを案内する順番
栄町デリヘルでフリーを案内する順番

デリヘルの内部でもルールがある 栄町デリヘルで働く女の子に話をきくとフリーで案内 …

デリヘル嬢とのメールで攻略するのはどっち
デリヘル嬢とのメールで攻略するのはどっち

デリヘル嬢を気に入ってメルアド交換に応じてくれたと喜ぶ男性客はそこそこいますが、 …

栄町デリヘルで電話案内のフリーは自爆行為
栄町デリヘルで電話案内のフリーは自爆行為

デリヘル嬢の当たり外れ 千葉県でも屈指の風俗エリアが栄町というのは周知の事実です …

深夜のデリヘルは高確率で失敗する
深夜のデリヘルは高確率で失敗する

深夜に眠れずムラムラした勢いでデリヘル嬢を自宅に呼びたいという時ってありますよね …